CM10なHTC Jをおサイフ対応させる

Sense4.1でのFeliCa(おサイフ)対応に続き、CM10でもおサイフに対応できました!
以下はその方法。殆どSense4.1の時と同じですが、カーネルに細工が必要です。


例によって、分かる人向けに書いてます。

ちなみに、HTC J向けCM10は@td2skさんが公開しています。
http://d.hatena.ne.jp/td2sk/20120919

FeliCa対応化方法ですが、まずはuevent.rcに以下の記述を追加します。
これは必要無いかもしれませんが、一応ということで。

# felica device file nodes
/dev/felica            0666   9989   9989
/dev/felica_pon        0666   9989   9989
/dev/felica_cen        0666   9990   9990
/dev/felica_rfs        0444   9989   9989
/dev/felica_rws        0666   9989   9989
/dev/felica_int        0444   9989   9989
/dev/felica_int_poll   0400   9989   9989
/dev/felica_uid        0222   9989   9989

さらに、include/linux/felica.hを開き、

#define FELICA_CONFIG_ACCESS_RESTRICTION

の部分を、

//#define FELICA_CONFIG_ACCESS_RESTRICTION

のようにコメントアウトします。
これにより、アクセス制限が無効になるようです。
しかし、これだけでは対応しきれていないので、次にdrivers/felica/felica.cを開き、
1900行目付近

        if( ( strncmp(cmdline,gdiag_name,leng) != 0 ) &&
            ( strncmp(cmdline,PROCESS_NAME_FELICA_DAEMON,leng) != 0 ) )
        {
                FELICA_LOG_ERR("[FELICA_DD] %s ERROR, %s", __func__, cmdline);
                return -EACCES;
        }

の部分を、

#ifdef FELICA_CONFIG_ACCESS_RESTRICTION
        if( ( strncmp(cmdline,gdiag_name,leng) != 0 ) &&
            ( strncmp(cmdline,PROCESS_NAME_FELICA_DAEMON,leng) != 0 ) )
        {
                FELICA_LOG_ERR("[FELICA_DD] %s ERROR, %s", __func__, cmdline);
                return -EACCES;
        }
#endif

と、ifdef/endifで囲んでください。
これでカーネル側の対応は完了です。

あとは、HTC JのSense4.1でFeliCaに対応するの記事を参照し、
init.valentewx.rcの編集とバイナリ、アプリ群を導入してください。

そして、今回編集しビルドしたカーネルで起動すれば、おサイフアプリが使えるようになっているはずです!

[`evernote` not found]

    • TH
    • 2013年 7月 27日 4:44am

    いつもHTC Jに関して色々と見させていただいてます
    突然ですが、Kernelの部分だけでもアップロードしていただけないでしょうか?他は出来ると思うのですが、Kernel部分だけ自分には難しくて・・・

      • tako0910
      • 2013年 7月 28日 1:47am

      なるほど・・・zImageだけで良いですか?

      最近HTC JのCyanogenMod関連をいじってなかったことと、
      手元にソースが全く今無い状態なのと、他デバイスも弄っているので、
      時間が掛かるかもしれないですが、それでも良ければ近いうちにアップしておきます。

  1. トラックバックはまだありません。