HTC JのSense4.1でFeliCaに対応する

ついにFeliCaも動きました!

※この記事は公式アップデート前のカスタムROM用に記述しています。
10/9に公式アップデートが来たため、この記事の内容は既に必要ありません。

 

まずは、
HTC JのSense4.1でワンセグ対応化など(一つ前の記事です)
を参考に、ワンセグに対応させてください。
これを行うことで、香港/台湾ROMでFeliCaのモジュールがロードされるようになります。

次に、uevent.rcの末尾に以下のコードを追加します。
既に記載されているかもしれません!その場合は必要無いです。

# felica device file nodes
/dev/felica            0666   felicaclient   felicaclient
/dev/felica_pon        0666   felicaclient   felicaclient
/dev/felica_cen        0666   felicalock     felicalock
/dev/felica_rfs        0444   felicaclient   felicaclient
/dev/felica_rws        0666   felicaclient   felicaclient
/dev/felica_int        0444   felicaclient   felicaclient
/dev/felica_int_poll   0400   felicaclient   felicaclient
/dev/felica_uid        0222   felicaclient   felicaclient

次に、init.valentewx.rc内の、
# – SSD_RIL : MSS & MRWIN customization
の直下に以下のコードを追加します。

    # for Felica add
    mkdir /data/system 0775 system system
    exec system/bin/felica_startup

さらに、
#One-seg servicesの上に以下のコードを追加します。

service felica_daemon /system/bin/felica_daemon
    oneshot

service felica_agent /system/bin/felica_agent
    oneshot

これでブートイメージ側はOKです。
次に、

/system/bin/felica_agent
/system/bin/felica_daemon
/system/bin/felica_startup

を、JPromから持ってきて所定の位置に保存します。
これらの所有権/グループはroot/shellにしておいてください。
パーミッションは755です。

さらに、おサイフ関連アプリを追加しますが、ワンセグの時と同様deodex化しないといけません。
これは@fnojiさんが行なってくださいました。

http://www.mediafire.com/?0s29kgsxf3ipfh3

こちらからDLして、/system/app内に保存してください。
所有権/グループはroot/rootで、パーミッションは644です。

これで、後はドロワーからおサイフアプリを起動すれば完了です!

ワンセグ/FeliCa対応のカーネルもアップしておきます。

OneSeg_FeliCa.img

これで、後はWiMAXくらいになりましたね!

※10/4 AM1:50追記
このカーネルで起動すると、WiFiが繋げなくなる問題が発生します。
良い改善策が今のところ見つかりませんが、無理やり使用可能にする方法をTwitterで公開していますので御覧ください。

[`evernote` not found]

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。