HTC J Oneを見てきました

au NAGOYA等にて5/21~新機種が展示されています!(一部機種を除く)
今回も早速HTCの新機種を重点的に見に行って来ました。

一般的な仕様や写真などは他のブログ等で紹介されてるはずなので、
ここでは個人的に気になったこと、Dev関連等を書いていきます。

2013-05-21 14.23.41

HTC J butterflyと比べると持ちやすく感じます。少し小さくなり、またフルメタルボディが上品かつ、
良い持ち心地、手触りをもたらしています。

2013-05-21 14.26.26
今回の機種はキーが2つしかありません。(hTCは単なるロゴです)
そして、いつものように標準ではメニューキーが画面上に割り当てられています。
以前までの機種では、設定からキーの割り当てを変更できたのですが、何故かJ Oneでは出来ません。
よって、強制的にこのように「・・・」のメニューキーが画面上に表れることになります。
何の意図があってキー割り当てが変更できないのか不明で、邪魔なので早くアップデートで改善して欲しい点です。

2013-05-21 14.34.08
LEDは左側に配置されました。別に位置は問題では無いと思うのですが、
前機種同様に小さすぎると感じています。

2013-05-21 14.34.22
色は前機種同様に選ぶことができます。

2013-05-21 14.42.53
Androidバージョンは4.1.2、Senseバージョンは5.0です。
4.2.xじゃなくて4.1.2な事に不満を持っている人をよく見ますが、特に気にしなくても良いのかなあ、と。
ただクイック設定は早く実装して欲しいと思いますね。
それと、通知領域には省電力トグルが相変わらず居座っているので、はやく何とかして欲しいものです。

他にも良い点悪い点はたくさんありますが、他のサイトで沢山紹介されているので、そちらを参考に。
私は買ってからレビューしたいと思います。

ここからは少しDev寄りな話。
先ほどキーが2つしか無く、hTCロゴは単なる飾りだと説明しましたが、
カーネルを書き換えてやれば、ロゴ部分もボタンとして機能しキーを割り当てることが出来るようです。
また、LEDが見にくい問題も、スリープ中であってもタッチキーを光らせることで通知ランプとして機能させたり、
海外では様々なハックが行われています。

但し、最大の問題はroot権限が取れない、また取れたとしても一時rootになる可能性が限りなく高く、
BootloaderのUnlockは現状不可能に近いと考えられます。(今までの手法であるCID書き換えが不能になった)

海外版ではCyanogenModが公式にHTC One向けのROMを出しており、カスタムROMの開発も盛んになると考えられ、
国内版でも少し修正を加えれば使えるようになると思われ、カスタム界隈は楽しくなりそうなのですが……

今回はアクセサリ類も充実しているようで、HTC J One Miniは特に楽しみにしています。
端末とともに是非購入したいと考えています。
詳しくはこちら
http://www.htc.com/jp/smartphones/htl22/#accessories

画像や文章では伝わり切らない部分が多いですので、触りに行ける人は是非行ってみてください。
発売は6月上旬頃と予定されています、とても楽しみです。

[`evernote` not found]

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。