Jelly Beanを早速Galaxy Nexusへ

先日のGoogle I/OでJelly Bean(Android 4.1)が発表されましたが、

早くもXDAにROMが上がっていたので、早速DLして導入してみました。

[ROM][CWM] Jellybean 4.1 JRN84D Stock, Rooted, Busybox, Deodexed + New Radio!

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1737849

上記のリンクから、RadioとROMをダウンロードして、Wipeしてから焼きます。

「ROM焼きは自己責任でお願いします!」

初期設定の画面はこのようになっており、Ice Cream Sandwich(Android 4.0)から少し変化しています。

初期設定が終わった後のホーム画面です。

見た目の部分でICSから変化した部分は、検索バーの色でしょうか。

検索バーをタップすると、以下の様な画面になります。

背景が夜の画像になっていますが、時間帯に依って変化するのでしょうか…?

端末情報と、バージョン連打画面です。

さらにこのキャラクターを長押しすると、沢山のJelly Beanが現れます!

通知バーはこのようになりました。

Jelly Beanになってより改良され、通知バーから様々なアクションを

直接行えるようになったみたいなので、対応アプリケーションが沢山出ると良いですね。

開発者向けオプションにはON/OFFのトグルが設置され、標準ではOFFになっています。

内容はICSと大体同じです。

尚、Jelly Beanからは最初から中華フォントではなく、綺麗な日本語フォントが使用されているようです。

ロック画面はこのようになっています。

鍵アイコンからドットが現れるようになっています。

尚、このGalaxy NexusはIIJのSIMを使っていますが、アンテナピクトの問題については

Android + データ専用 SIM での動作修正パッチ

http://bl.oov.ch/2012/01/android-sim.html

こちらのサイト様で配布されているパッチがICS同様に適用できました。

適切にAPNを設定し、3G回線もアンテナピクトも問題なく動作(表示)します。

とりあえず簡単な紹介でした。

これから実際に使ってみて最新OSを堪能したいと思います。

記事を書くために少し触っただけでも、いわゆる「ヌルサク」を感じられたので、

公式リリースが待ち遠しいですね!

[`evernote` not found]

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。