【名古屋】「Xperia Z4、Xperia A4 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング レポート!

先日、イオンモール名古屋茶屋で開催されたアンバサダーミーティングに参加させて頂きました。
名古屋ではあまりこういったイベントが開かれる機会も無いですし、内容も充実しており参加できて良かったです。

モニター機

まずは入場早々、紙袋を渡されました。
中にはモニター機であるXperia Z4と、Smartwatch 3が。

お借りしたXperia Z4は、ソフトバンク版のブラック(SIM入りでした!)。
既にau版のZ3 ブラックを所持しているので、色被ったな…と思いましたが、比較するには最適なので良かったということで。
WP_20150712_17_12_19_Raw

 

プレゼンテーション

開発者の方々から、Z4に関するプレゼンテーションがありました。
イベントに参加するまで、Z3とZ4って殆ど変わってなくない?と思っていたのですが、説明やこだわりを聞いて、それが間違っていることが分かりました。
プレゼンの内容自体は既にいろんな人達が記事をアップしているので、私が気になった点に絞って記載します。

基本スペック

2015-07-11 14.18.21

64bit対応というホット()なワードなんですけど、
32bit→64bitになることで何がどう良くなるのか現状自分は体感できていないです。
しかし将来的には必要になってくるので、とりあえず時代の流れなんですかね。

2015-07-11 14.19.43

GPUも性能アップしてますとのこと(何を表しているグラフなんだ…)
今後動画を観たり、ゲームをやったりして体感的にどうなのか確かめてみたいと思います。

2015-07-11 14.20.41

モバイルネットワークと共に、Wi-Fiネットワーク技術も向上しています。
端末側としても、MIMO対応ということで宅内でのWi-Fiネットワークの速度向上が期待できます。

と、いうことで実際に自宅のWi-Fiに繋いで確かめてみました…
Speedtestアプリで、同一サーバーを用いてZ3/Z4で計測してみました。

2015-07-12 10.45.59 2015-07-12 10.46.04

左がZ3、右がZ4です。確かに速くなってますね!

外観

2015-07-11 14.22.27

キャリアロゴについて。
まぁ背面ですし私的にはどうでもいいのですが、こんなにも違うのだなあと。
SoftBankはFeliCaマークではなく、NFCマークだというのは驚きでした。

2015-07-11 14.30.16

熱い説明だった箇所の一つです。
どうやって作ったんだ!?と思われるような手法らしいです。

実際に比較してみました。Z3はくすんでいて微妙な感じでしたが、Z4では高級感が現れていて良いですね。

カメラ

2015-07-11 14.39.52

ちょっと前は「プレミアムメシマズオート」とか言われていたこともありましたが、
Z4では料理を自動認識して、メシウマな写真を撮ることができます。
これはZ3と比較すると雲泥の差だったので、後ほど別記事で紹介したいと思います。

2015-07-11 14.42.11

投稿の編集_‹_hello_c_—_WordPress

…これも後ほど試して、記事にしようと思います!

2015-07-11 14.42.48

セフルタイマーって、いざ使おうとすると機能がショボすぎて泣けるんですよね。
こういう所にも気を配っていただけるのは、ユーザー視点で作っていただけているのかなと感じます。
(0〜10秒まで、0.5s刻みでユーザー設定できたりとかでも良いような気がしますが)

2015-07-11 14.48.20

オーディオ

Z3でもヘッドホン端子からハイレゾ出せたけど、Z4からは192kHzまで対応です。
加えて、新しくLDACに対応したのと、ヘッドホン音響補正を自動で掛けられるようになりました。

2015-07-11 14.54.08

LDACって何ぞや?というのは、
従来方式ではCD音源相当にダウンコンバートして機器に転送していたので、
ハイレゾを聴いてもCD音質以上にはならなかったものが、
新コーデックのLDACなら高音質を保って再生できますよ、というものらしいです。

2015-07-11 14.55.11

Z3では、サポートされているヘッドセット(ソニー製のみ)に限り、マニュアル操作で音質最適化が可能でした。
Z4では、ソニー製に限らず、他社のヘッドセット/ヘッドホンを含めて自動で最適化を行うことが出来ます。

2015-07-11 14.56.18

これが一番驚きがあったかもしれないし、開発者の方も熱く語られていたバイノーラル録音。
ノイズキャンセリングヘッドセットを耳に装着し、録音するだけで可能なものなのですが、
例えばカメラアプリを用いて動画を撮った場合、その動画と同じ状況の映像、音声が実感できるのです。
YouTubeに動画をアップしていらっしゃる方々がいらっしゃるので、一度観ていただけると
凄さが分かっていただけると思います。
https://www.youtube.com/results?search_query=Z4+%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%AB%E9%8C%B2%E9%9F%B3

ディスプレイ

2015-07-11 15.04.49 2015-07-11 15.05.30
Z3と比較して16%高輝度化したとのこと。
つまり、少ない消費電力でも明るさを確保できるので、省電力化に貢献しているそうです。

2015-07-11 15.06.39

防水端末、だが濡れてても操作できるとは言っていない、では意味無いですよね。
これはミーティング中に霧吹きを使って実演されていたり、タッチ&トライコーナーでも水に浸した後に、
スケッチアプリを使って画面をなぞってみる、などありましたが、ちゃんと動いていてさすがだなと思いました。

便利機能

2015-07-11 15.11.40
STAMINAモードはデフォルトでオフになっています。通知など来なくなってしまうため。
詳しい人はONにしていい感じにやってくださいという位置づけですね。
全部制限アプリにぶっ込んでやれば電池3日持つとのことです。

2015-07-11 15.13.45

フリック入力派の人は、QWERTYキーボードにしてみてください!とおっしゃっていたのがコレ。
上にフリックすれば大文字入力、下にフリックすれば数字/記号になるので入力が簡単になったというもの。
慣れるとかなり便利そうだと感じます。

2015-07-11 15.23.55

PS4の画面をXperiaに映して遊べるというもの。
先ほどのWi-Fi高速化の話もありましたし、より快適になったのではないでしょうか。

タッチ&トライ

2015-07-11 15.50.53

タッチ&トライの会場はこのような様子で、常時お客さんで賑わっていました。
ちなみにこの写真はZ4で撮ったのですが、綺麗に撮れているのではないでしょうか。
会場では、水濡れやハイレゾの体験コーナーや、Web CMの撮影などを行っていました。

ここでも色々もらいました、ありがとうございます。

モニター機としてXperia Z4とSmartwatch 3を貸していただいたので、
早速今日もZ4で色々アプリを動かしたり、Smartwatch 3もテストしているところです。

2015-07-12 22.57.55

これからも記事をアップしていく予定なので、お楽しみに。

[`evernote` not found]

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。